弁理士紹介

加藤 実 (弁理士登録番号10760)

学位
 農学修士(農芸化学)、修士(経営法)

略歴
 1991- 食品系化学企業から特許事務所に転職。国内外の特許出願・権利化・異議申立・無効審判・審決取消訴訟・侵害訴訟等を担当。以降、一貫して知財実務に従事。
 1995 弁理士登録
 2000- 日用品系化学企業の知財部門に転職。企業マネジメントの立場から知財戦略の策定と遂行、知財権の管理・活用を主導。知財センター長、知財主幹等を歴任。
 2005 特定侵害訴訟代理業務付記登録
 2019- 加藤弁理士事務所を開業

外部活動
 2006-2010 日本化粧品工業連合会 特許委員会副委員長
 2014-2018 知的財産研究所(現 知的財産教育研究財団)理事
 2015-2016 企業研究会 知財戦略交流会議運営幹事
 2016-2018 日本知的財産協会 常務理事
 2017-2018 産業構造審議会 知的財産分科会 弁理士制度小委員会委員
 2019- AIPPI・JAPAN判例研究会WGメンバー
 2019- 知的財産研究教育財団 上席研究員(非常勤)

講演・執筆
 2009 企業研究会発行『Business research』誌(同年10月号)の「特集 問い直される知財戦略」に寄稿
 2013 第12回JIPA知財シンポジウムにてパネルディスカッション”アジアでの今後の知財アクティビティーの考察”に登壇
 2013  竹田稔先生傘寿記念『知財立国の発展へ』(発明推進協会)に「企業間紛争と特許訴訟」を寄稿
 2018 技術情報協会発行『研究開発リーダー』誌(同年2月号)に「強い特許網を構築するための知財戦略の策定・遂行」を寄稿
 2018 IPBC Asia(上海)にてパネルディスカッション”Best practice: trade secret”に登壇
 2019 AIPPI・JAPAN『月報A.I.P.P.I.』誌(同年2月号)に「特許法36条6項2号の明確性要件の意義・解釈について」を寄稿
 2019  技術情報協会発行『コスメティックステージ』誌(同年6月号)に「化粧品企業における知財戦略と知財管理の在り方」を寄稿